MENU

 後日、気を取り直して別のサイトを利用して神待ちの女の子探しを再スタートしたのです。
一人暮らしの寂しさ+性欲が自分を突き動かしていったような感じがしました。
虚しい生活にピリオドを打つ、神待ちの女の子と楽しい時間を過ごす、そのために家出掲示板が今の自分にはどうしても必要だったのです。
家出中の女の子なんてきっと沢山いるんだし、数を打てば何とか当たるだろうと言う気持ちがありました。
前回の失敗を考えて、しっかりと地域も考えながら相手探しをしてみたのです。
自分の住んでる県、さらにできれば市内の女の子、これを探すことさえできれば、とても気持ちの良い関係を作ることが出来てしまうのです。
すぐに掲示板を見ていく事にしました。
すると近場の女の子を見つける事が出来て、すぐさまメールを送信していったのです。
しかし、彼女から返信を受け取ることが出来ませんでした。
これは考えてみれば当然かもしれません、先を越されてメールを出されてしまうことだってあるでしょうから、すぐに返事をもらえないのは仕方がないことだと思います。
さらに相手を探し続けていたのですが、その日は空振りに終わってしまいました。
困っている女の子が見つからない日もある、きっとその日に当たってしまったのだと思います。
翌日も粘って家出している女の子探しをしてみました。
そしてメール交換をすることが出来たのが20歳の子、ご飯だけでいいからという話で待ち合わせに発展していったんです。
お礼の話もしっかりとメールの段階でしておいて、自分の会えるような場所にいる事も確認をして、そして待ち合わせの約束にりました。
今度こそ初めての神待ちとの出会い、そしてセックス!心トキメカせながら彼女のいる駅前まで移動していったのでした。